こんばんは。

ハウトです。

この前、別の部門の課長さんに飲みに誘われたので、渋々行ったときの話です笑

私は飲み会というのが大嫌いです。
と言うか仲良くもない、ビジネスでの付き合いの飲み会が本当に嫌いです。

早く帰ってゲームしたいんじゃ!

今回もどうせまたしょうもない話を聞くんだろうなぁと思ってたら、やっぱりありました笑


〈役職が付くことが外でもステータスだと思ってる人は多い〉

飲みに行った課長さんはどうやら、将来は部長の席を狙ってるらしいです。

なぜか聞いたら、

「俺には娘がいる。
そしたらいずれは、その子達が将来結婚して新郎側の両親に挨拶するときがあるだろ?
その時に、名刺を渡して『部長です』と言うのが夢なんだよ」

と言ってました。

私も前職ではそう思ってました。
今のとこより大きな規模の会社だったので、

「ここでエリート街道まっしぐらだ!」

的な妄想をしていました。

〈結局は井の中の蛙だって気づいてから興味なくなった〉

でも結局はどこで部長とか社長とかなろうが、『その会社の中での偉い人』なんですよ。

だって例えば自分のお父さんが課長とか部長とかだからって家でも同じくらい偉いんですか?
そんなことないですよね。

そう感じたから、私はそう言う考えは捨てました。
捨てたから、あっさり転職することができました。

もちろん、仕事を適当にやるつもりはないですけど、転職しようと思ってから感じたのは、

『どんな仕事なら全力を注げるか』

ってことが重要なんだなと、ようやく気づけました。

新卒の就活時代はどうしても名前の通る会社ばかりに目が行ってましたが、その選び方は本当に愚かなことなんだなと感じてます。

だからどこで仕事するかじゃなくて、どんな仕事をしたいかで仕事を選ぶべきです。

〈まとめ〉

別に上のキャリア目指すのは悪いことではないですし、課長さんもそれだけの理由で上を狙ってるわけではないと思います。

でも、正直会社内でのステータスなんかは外ではほとんど意味のないものだと思います。
(ローンとか信用面は意味あると思いますが)

そういうムダな競争で消耗してるなら転職すべきだと思いますけどね。
仕事はたくさんありますからね。

という、愚痴日記でした笑

ではまた。